90トン立型射出成形機
90トン立型射出成形機 Vertical Injection Machine (90 Tons ) Vertical Injection Machine (90 Tons ) Vertical Injection Machine (90 Tons )
● スクリュー径:28mm
● 射出重量: 83 g
● 射出圧力:286 mpa
● 型締力: 90 ton

● 型開ストローク: 300 mm
● 最小金型寸法:200 mm
● エジェクタストローク: 70 mm
● 射出速度:200 mm/sec

 

 

90トン立型射出成形機
Vertical Injection Machine (90 Tons )

立型円盤式成形機は、精密インサート成形の最適な選択であります。高速型締めと低圧安全型締め、更に多段温度制御、射出速度、背圧コントロールシステムなどで、 樹脂流動と完成品寸法の一致性を保証します。二元合金スクリューは多種部品の精密成形に適用できます。回転式円盤の特性は、一つの工作台は成形作業で、他の工作台は押出あるいは複数金型降ろし作業を行って、複雑なインサート技術に対応します。インサート品の定位性に優れ、精密インサート成形のことで、成形機の精度と安定性の維持に有利である。

インサート成形二重インサート成形の統合策に、ラヤナは二元合金スクリューを導入することで、量産をより順調にさせます。顧客様に最上の品質を提供して、生産分野は精密インサート成形から、順送りプレス、金型受託製造、製品の組立まで、製品は医療器材、自動車精密部品、電子部品、コネクター、センサーなどを扱います。食器メーカーとインサート技術:すべての食品級材料には、専用乾燥機と撹拌機が設置されます。食品級材料とステンレス316の組み合わせで、立型円盤式成形機で生産を行って、顧客様の期待に応えます。

 

FAQs

Qicon ゲートが変われない場合で、立型射出成形機と横型射出成形機には何か違いがありますか?

基本的は、金型のゲートは変更できます、例えば溶接、レーザー溶接、ワイヤーカット(溶接線の残りの可能性があります)など。立型射出成形機と横型射出成形機の違い、大きくは下記の二点になります。差别如下:

(1)横型射出成形機:最も多い機種である。型締めと射出部分は同じ準位中心において、型開き方向は水平です。その特性は、本体は低て、操作と整備も易いです。重心が低いことで、設置もかなり安定しています。製品を押出後、重力を利用して、自然に落下します。全自動操作も実現できますので、一番多い機種も横型射出成形機です。

(2)立型射出成形機型締めと射出部分は同じ垂直中心線において、型開き方向は垂直です。床面積が少ないので、インサートの設置も易い。ホッパに入れ原料の塑化は平均的に、だが、押出後に人工で製品を取ります。全自動操作を実現しにくい。,射出質量60g以内の小型射出成形機が採用されることが多い、中大型には適用できません。

 

Qicon 90トン立型射出成形機の射出圧力は1300~3600 kg/cm2ですが、金型が長すぎで射出不足のことはありますか?防止策は?

一般的には射出質量と型締力で成形機のトン数を決めます。先ずは射出不足の問題を解決から、その次は射出圧力のことを考えます。 射出不足の防止策は、主に金型設計を中心考えて、適切な成形機(横型もしくは立型)を選択します。

 

樹脂流動解析 Plastic Injection Molding Simulation Analysis

樹脂流動解析

樹脂流動解析-1

 

樹脂流動解析

樹脂流動解析-2

 

樹脂流動解析

樹脂流動解析-3

 

インサート成形製品 Products

二重インサート成形

インサート成形部品

インサート成形部品

インサート成形

インサート成形

インサート成形

インサート成形

 

 

#立型射出成形機 #インサート成形 #二重インサート成形