シックスシグマ教育訓練 - ディファイン&メジャー (定義と測定)


シックスシグマ・プロジェクトは2003年以来継続的に行われています。
LAYANAでは総合的な品質と従業員の能力を向上させるため、数多くの教育訓練を実施しています。
従業員は全て的確な問題解決を行えるよう、専門の訓練を受けています。
LAYANAにとって欠かせない要素であるシックスシグマについては従業員全てが熟知しており、パフォーマンスを向上させ、目標を達成するため上級社員にはシックスシグマ・プロジェクトの実施が義務付けられています。

ベターのさらにその先へ」 
この仕事に対する哲学が改善と向上を可能とします。

2月26日、我々のシニアエンジニアであるアレックス(6σ/ ERP / CQT / PMPライセンス黒帯保持者)がディファイン&メジャーフェーズについて紹介し、アシスタントマネージャーのヤオ氏(6σ/ ERP / CQTライセンス緑帯保持者)がサプライチェーン最適化に関する自身のプロジェクトを提示しました。
これらは全てのプロジェクト・リーダーに対して行われたものです。

プロジェクトリーダーは皆、DMAIC問題解決と製品/プロセス改善のロードマップとなることをしっかり学びました。測定段階で、測定システムの検証と根本的原因の収集に焦点を合わせます。

知恵があれば、乾いたタオルからでも水が絞れる

LAYANAの従業員達はこれまで何百もの改善案を提出し、実行に移してきました。
これは品質保証のプロとして自らに対する高い要求が生み出した結果に他なりません。

 

シックスシグマ教育訓練

シックスシグマ教育訓練

#シックスシグマ教育訓練
#自動車部品
 #電子部品 #プラスチック金型
#金属プレス #インサート成形 #プログレッシブ金型