ISO/TS 16949 から IATF 16949 への移行審査


IATF16949 で完璧な作業と最高の製品を達成します。

LAYANA は 2002 年に ISO/TS16949:2002 トレーニングを開始し、2005 年に認証を取得しました。その後、IATF16949 移行が正式に発行され、弊社は会社設立 35 周年と新プラント施設の落成を祝いました。
 
IATF 16949:2016(ISO/TS 16949:2009 に替わる規格)は、自動車産業けの品質マネジメントシステム(QMS) の要求事項を定める規格です。
IATF 16949 規格の主要目的は、不具合の予防に重点を置いた継続的な改善、サプライチェーンにおけるバラツキと無駄を低減ができる品質マネジメントシステムを確立することです。
 
品質マネジメントのより良い成果を達成するために、IATF 16949 認証の取得は LAYANA の主要課題の 1 つです。弊社は 2018 年 1 月に SGS から IATF 16949 認証を取得しました。 
弊社は、2017 年 11 月に認証審査を受けましたが、審査過程で 1 つの重大欠陥と 3 つの軽欠陥が見つかりました。IAFT が提唱する継続的改善の精神に基づいて、 LAYANA は事業の改善に継続的に取り組んでいます。IATF 16949:2016 自動車産業品質マネジメントシステムの認証再審査が 2018 年 1 月 2 日に実施され、LAYANA は IAFT 16949 審査に合格しました。
 
IATF16949 に従って、弊社は、科学的な品質マネジメントシステムを確立し、継続的な改善によって完璧を目指します。高い基準を設定して完璧な作業と製品を達成します。
 

 

IATF 16949:2016 認証取得

#IATF 16949
#自動車部品
 #電子部品 #プラスチック金型
#金属プレス #インサート成形 #プログレッシブ金型