製品安全管理 × 従業員トレーニング

講師:ペニー・リン(Penny Lin)(副社長/マスターブラックベルト(MBB))
 
IATF 16949 が 2016 年に発行されました。LAYANA は 2017 年末に IATF 16949 認証を取得しました。
この改訂では、「製品安全」に関する新しい要求事項を提案します。製品安全とは厳密に何を意味するか知っていますか?
 
電子システムにおける自動車用途はますます複雑化しています。機能の強化に加え、安全システムは最も重要な考慮事項とみなされてきました。
 
自動車部品の安全性と信頼性を高めるために、機能安全規格を導入する自動車部品サプライチェーンメーカーは、原料、マネジメントシステム研究開発(R&D)製造工程、製品検査、保管管理から設備保全まで、作業手順の管理を強化しなければなりません。 
 
プロセスおよびデータ管理によって、自動車安全部品の安全性を正確に管理できるだけでなく、潜在的リスク評価を実施することもできます。
これは品質の観点から安全性の観点への変更です。
 
このトレーニングは、すべての従業員が「安全管理」のプロセスと情報に関する意識を高めることを目指します。また、LAYANA がより注意すべき点は何かを理解し、研究開発(R&D)プロセス中に積極的な評価を実施する際に役立てます。こうすることで、自動車コンポーネントの分野における今後のビジネス機会の拡大につながります。 
 
ペニーの説明を聞いて、すべての従業員が製品安全管理に関する理解を深めます。
最高の自動車部品サプライチェーンのサプライヤーとして、弊社は自動車産業の品質要求事項を満たすために、能力の強化に継続的に取り組み、競合他社よりも優れた品質を確保しなければなりません。
 

製品安全管理

従業員トレーニング

IATF 16949,自動車用途

自動車部品サプライチェー

#IATF 16949
#自動車部品 #電子部品 #プラスチック金型
#金属プレス #インサート成形 #プログレッシブ金型