シックスシグマ教育訓練 – コントロール

 

シックスシグマ・プロジェクトは2003年以来継続的に行われています。
LAYANAでは総合的な品質と従業員の能力を向上させるため、数多くの教育訓練を実施しています。
従業員は全て的確な問題解決を行えるよう、専門の訓練を受けています。
LAYANAにとって欠かせない要素であるシックスシグマについては従業員全てが熟知しており、パフォーマンスを向上させ、目標を達成するため上級社員にはシックスシグマ・プロジェクトの実施が義務付けられています。

ベターのさらにその先へ」 この仕事に対する哲学が改善と向上を可能とします。

7月5日、ALEX経理(プロジャクト)(6σブラックベルト/ ERP / CQM / PMP認証)と陳経理(研発)(6σブラックベルト/ ERP / CQT認証)はプロジャクト担当者にコントロール段階でプロセス最適化能力(XFP cageのCPK)を紹介しました。

DMAICは問題の解決と部品/プロセス改善の経営手法です」プロジャクト担当者みんなはよく知ってます。
コントロール段階作業で、チ-ムは証拠書類を頻繁に更新してます。例えば、SOP、標準作業手順書と新プロセスチェックリストなと、その効果の継続性にも着目する必要がある、正しいプロセスが確保します。

知恵、持続の問題解決と改善が可能です。

今まで、ラヤナの社員はいろいろなプロセス改善を提出して完成しました。
みんなは品質保証専門員を目指して、高いレベルで自分要求の成果です!!

 

シックスシグマ教育訓練 – コントロール

問題の解決と部品/プロセス改善

Six Sigma, Lean Six Sigma

6σブラックベルト/ ERP / CQM / PMP

#IATF 16949 #シックスシグマ教育訓練
#自動車部品 #電子部品 #プラスチック金型
#金属プレス #インサート成形 #プログレッシブ金型