IATF 16949五つコアツール(中核技法)の教育訓練

五つコアツ-ル(中核技法)は、IATF 16949 において特に重視される技法を規定したマニュアルです。

DFM

 

五つコアツ-ル(中核技法)とは:

APQP- – 先行製品品質計画
FMEA- – 故障モード影響解析
MSA- – 測定システム解析
PPAP- – 生産部品承認プロセス
SPC- – 統計的工程管理

 「全面的な品質管理は価値を提供することができます。」この仕事理念は改善を合理にして、達成もできます。

弊社は、教育と訓練が全体の品質と従業員の能力を向上させることが信じてます。そのため、ラヤナの全社員は「問題解決者」の育成訓練を受けたことがあります。ラヤナ会社の全社員にとって、五つコアツ-ル(中核技法)は基本知識です。これもラヤナ会社の重要な要点です。

全社員は五つコアツ-ル(中核技法)に概念と応用を強化するのために、10月から11月まで、いろな品質の訓練が用意しました。

IATF 16949品質マネジメントシステムに従って、全スタッフの品質合意の下に、各部門の品質目標を決めて、そして、各標準作業を実行してます。企業の永続的経営の理念を達成のため、改善が続いてと弊社の各項品質管理制度を実施します。

「そこで満足しないで、もっと上を目指して」

5 Core Tools

 IATF 16949:2016

problem solvers

Quality Management Systems

#IATF16949 #Plastic injection #Cooling fan
#Auto parts #Automotive Components
#LAYANA Metal Stamping  #Insert Molding
#deep drawing #progressive die