安全管理システム × 従業員トレーニング

講師:グローリア・リャオ(Gloria Liao)(アシスタントマネージャー – 販売部門)

安全管理システム × 従業員トレーニング

IATF 16949 が 2016 年に発行され、LAYANA は2017 年末に IATF 16949 認証を取得しました。 製品安全に関する要求事項は第 4.4.1.2 条項に記載されています。
組織は、製品安全関連の製品の管理プロセスを文書化しなければなりません。

弊社は OEM 製品を世界各地のお客様に提供しています。お客様の設計に基づいてツールを製造し、センサー、電子スロットル制御、空気吸入弁、電気自動車(EV)パワーモジュールなど高品質のカスタムメイド部品を自動車産業で生産しています。

自動車部品の安全性と信頼性を高めるために、機能安全規格を導入する自動車部品サプライチェーンメーカーは、原料、マネジメントシステム研究開発(R&D)、製造工程、製品検査、保管管理から設備保全まで、作業手順の管理を強化しなければなりません。 プロセスおよびデータ管理によって、自動車安全部品の安全性を正確に確認できるだけでなく、潜在的リスク評価を実施することもできます。
これは品質の観点から安全性の観点への変更です。

このトレーニングは、すべての従業員が「安全管理」のプロセスと情報に関する意識を高め、また、LAYANA がより注意を払うべき点について理解し、研究開発(R&D)プロセス中に積極的な評価を実施するうえで役立ちます。これにより、自動車コンポーネントの分野における今後のビジネス機会の獲得につなげていきます。

最も重要な点は、不必要なリスクを回避して、安全な製品を提供し、お客様の安全を維持することです。

安全第一! 安全を考慮し、安全に作業して、安全を確保します。

IATF 16949,製品安全,自動車部品,自動車コンポーネント

安全管理システム

#IATF 16949 #2018台北国際金型&金型製造設備展
#自動車部品 #電子部品 #プラスチック金型
#金属プレス#インサート成形 #プログレッシブ金型